正社員としての働き方は、国の制度が整ってきたとはいえ、
時間の制約や転勤、子育てや家事・介護などとの両立で
仕事を諦めて退職する女性が少なくありません。

弊社の派遣スタッフという働き方なら

「子どもの送迎時間に合わせた出社時間・退社時間で働きたい」
「平日週に3日だけ働きたい」
など、勤務時間や日数なども選べるため、
子育てや介護をしながらでも社会復帰がしやすいといえます。

結婚や出産でライフスステージが変化しやすい女性にもおすすめの働き方といえそうです。

また、これからの時代、働き方の多様化や、 ワークライフバランスが更に見直され、
派遣労働者を雇用したいと考える企業も更に増えるでしょう。


派遣という働き方は正社員と比較すると不安定さはあるかもしれませんが
さまざまな職場を経験できる、ご自身のスキルアップ・自己実現につながるなど、
メリットに置き換えられるケースもあります。

初めての派遣で不安な方は株式会社ビジネスブレーンへお問い合わせください。

ワークライフバランスとは

政府広報オンラインの定義によると、ワーク・ライフ・バランスとは
「働くすべての方々が、『仕事』と育児や介護、趣味や学習、休養、地域活動といった
『仕事以外の生活』との調和をとり、その両方を充実させる働き方・生き方」のこと。
仕事がうまくいっていると私生活でも心のゆとりを持つことができ、
私生活が充実することで仕事のパフォーマンスも上がるという好循環を目指します。

また、2007年に内閣府が定めた「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」によると、
ワーク・ライフ・バランスが実現した社会とは、
「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、
家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が
選択・実現できる社会」と定義されています。