時代の変革を乗り切る 
~人材サービスの有効活用をご一考ください~

今、時代は激変しており、あらゆる業種で各企業とも生き残りを賭けています。優勝劣敗の競争の中でいかにしたら生き残れるでしょうか。

それは本業に徹することです。貴社は本業に専念、付帯業務はアウトソーシングや人材派遣で対応すべきです。経営のスリム化、経費、固定費を軽減し、効率化をはかることが生き残りの鍵であると考えています。

何でもかんでも自社でやろうとする時代ではありません。私どもビジネスブレーンでは企業様のご要望に応えた人材派遣サービスをいたしており必要な人材を、必要な時に、必要な期間だけ即戦力としてサポートいたします。煩雑な労務管理も不要です。

当然ながら派遣スタッフ各々が各企業のワークスタイルに対応できるよう万全の教育システムを設け人材の育成を心掛けています。派遣スタッフの活用は、効率のよい経営へのご専念をお約束します。

松本で第一号の労働者派遣事業免許取得。税務会計事務所を中核とした企業経営サポート集団。
お悩みになったら総合人材サービスの「ビジネスブレーン」へ、お気軽にご相談ください。

企業に勤める労働者の雇用形態

現在、企業に勤める労働者はどのような雇用形態の方が多いのでしょうか?

日本の企業における正社員以外の就業形態労働者がいる事業所の割合をみてみましょう。

令和元年 就業形態の多様化に関する総合実態調査(厚生労働省発表 令和3年2月12日)


厚生労働省発表の「就業形態の多様化に関する総合実態調査」によると
「正社員以外の労働者がいる事業所」は84.1%
「正社員のみの事業所(正社員以外の労働者がいない)」は15.9%となっています。

2022年3月現在(出典元:政府統計 厚生労働省「就業形態の多様化に関する総合実態調査」)

企業が派遣労働者を活用する理由

日本の企業において正社員以外の就業形態労働者がいる事業所の割合は8割を超えていますが、その内の「派遣労働者を活用する理由」をみてみましょう 。

令和元年 就業形態の多様化に関する総合実態調査(厚生労働省発表 令和3年2月12日)


正社員以外の労働者を雇用している会社のうち、派遣労働者を活用する理由について「正社員を確保できないため」が47.8%、次いで「即戦力・能力のある人材を確保するため」33.3%、等となっています。

2022年3月現在(出典元:政府統計 厚生労働省「就業形態の多様化に関する総合実態調査」)

『派遣』 本業に徹するための効率化を

適材適所への「人材派遣」が経営の効率化を促進します。各企業様のワークスタイルに対応できるよう万全の教育システムを設け、人材の育成を心がけています。

『シニア派遣』 培われた経験に基づく業務の効率化を

長年培われた経験豊富なシニア派遣スタッフの活用は短時間・安価な価格で提供が可能です。貴社のより良い効率化経営へのご専念をお約束します。

『パート派遣』 さらに派遣を安価に効率よく利用できます

通常の派遣では機関的・予算的にも再検討の余地が出てきた場合など、パート派遣のシステムが企業様にとってはより効果的となります。

  • 大手精密機器製造メーカー
  • 資材関係卸販売会社
  • 家具製造販売会社
  • 銀行
  • 医療機器製造販売会社
  • 建設会社
  • 冠婚葬祭事業サービス会社